ペットボトル症候群って?

2014.6.12|健康

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

暑いこの時期思わず喉が渇いて・・・
ペットボトルを飲んでしまうことは多いですよね。
ペットボトル症候群なんでしょうね。
私は知りませんでした。この現象。
ジュースやスポーツドリンクなど平均で100mlに10g程度の砂糖が
入っているそうです。
血糖値が上がり、また喉が渇く、そして清涼飲料水を飲む。
という繰り返しなんだそうです。
急性の糖尿病の一種らしいです。
恐ろしいです。
ペットボトル症候群とありますが、実はペットボトルだけでなく、
糖分の多い食品・・・アイスクリームや果物の缶詰などにも
言えることなんだそです。
確かにアイスクリームを食べると、凄く喉が渇きますからね・・・
アイス好きな私としてはショックな話です。

ペットボトル症候群にならない予防策として、
定期的に水分を取る。
喉の渇きを感じなくても水分を取るように心がける。
そして、甘い飲料水より、水やお茶を取るようにすることで予防できるそうです。

糖尿病怖いですからね。
子供は特に炭酸飲料やジュースを好んでの飲む傾向があります
(私もそうでした・・・)
暑くなるこの季節、飲み物の過剰摂取(糖分)には気をつけたいものですね。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。